水没したスマホは早めに最寄りの修理店へ、むやみに触らず持ち込みましょう

下手に通電させると基盤がショートする可能性がある

スマホを水没させてしまった場合は、なるべく早く、そして変に操作したりせず修理店に持ち込むことが大切です。なぜ操作してはいけないのかというと基板をショートさせてしまう可能性があるからです。スマホは少し水に濡れたりした程度であれば、表面から水が中にしみこむ可能性は高くありませんが、水没した場合はその時点で中に水が入っているか、あるいは水がしみこむ寸前になっている可能性が高いといえます。 もし、基板が濡れてしまっている状態で通電させれば当然、ショートして基板がだめになってしまいます。そうなれば基板ごと交換ということになるので、それなりの費用がかかってしまうわけです。ショートせず、単に基板が濡れているだけという状態で持ち込めば基板を十分に乾かすことで復活させられる可能性が高いです。

お米に埋めるのはタオルで拭くのと変わらない

また、スマホが壊れていないか不安で縦にしたり横にしたりすることで、水がしみこんでしまうこともあり得ます。それで修理費用が高くなってしまったらもったいないです。では、自分で表面の水分を乾かしてから修理店に持ち込むというのはOKでしょうか。たとえば、水没したスマホはお米の中に埋めることで表面の水分が取れるといわれており、実際に試してうまくいった人も存在するようです。ただ、これはスマホの表面を乾いたタオルで拭くのとほとんど変わりはないでしょう。米に埋めて何日も放置するのであれば、スマホをタオルで簡単に拭いてからすぐに修理店に持っていった方が早く復活させられるでしょうし、水が中に入ることを防げるはずです。

© Copyright Best Place For iPhone Repair. All Rights Reserved.